感染することを阻止

the colorful pills

クラミジアはいつの間にか感染してしまい、自分でも気づかないままパートナーや自分以外の人へ感染を広げていってしまう恐ろしい性感染症です。
大事な人を自分から病気になんてしたくありませんよね。そのためには、普段からクラミジアに感染しないように対策をしておきましょう。

対策として、セックス時にはコンドームなどの避妊具を必ず使用することが大切です。
コンドームは避妊具としてのイメージが強いと思いますが、性感染症の予防にも効果的です。
さまざまなことを予防するために使用しますが、コンドームには使用期限というものがあります。今持っているコンドームの使用期限が切れていないか注意して見ておきましょう。
また、一度クラミジアに感染し、治療を行ったからもう大丈夫と油断することなく予防を続けていきましょう。
クラミジアは一度感染したからといって、二度と感染しないものではありません。また感染する可能性はあるので予防を怠ることはしないように注意しましょう。
パートナーが感染していた場合、病原菌をうつされてしまって再び感染するケースもあります。このように、パートナーなどの特定の人の間で感染してしまう現象を「ピンポン感染」といいます。
自分がもし、クラミジアに感染していたとわかったら、パートナーと一緒に病院で検査を受けるようにしましょう。
性感染症に感染してしまうとHIVに感染する可能性も高くなるので、早め早めに治療を行いましょう。