病原菌を撃退

the drugs

クラミジアに感染したと気づいたら、どこまで進行しているのかわからないので手術をしないといけないのではないかと不安になる人もいるかもしれません。
しかし、心配する必要はありません。クラミジアに効果のある治療薬を使用して、病原菌を撃退していきましょう。その時に使用される治療薬というのが「クラビット」です。
クラビットは熱望する・待ち望むという熟語の「Crave it」から名づけられました。
クラビットは幅広い感染症に有効な抗菌薬であります。クラミジアの性感染症をはじめ、気管支炎のような呼吸器感染症、ほかにも中耳炎などの副鼻腔感染症などに幅広く処方されている治療薬です。
さらにクラビットは体内の各組織に移行しやすい性質を持っており、多くの細菌の感染症へ効率よく治療を行うことができる薬でもあります。
クラビットは体内に残るということはなく、尿として排出されていきます。

これまでの治療方法は、クラビット100mg錠を1日3回服用する方法が主流でした。
しかし、クラビット薬の濃度によって効果が違う薬なので、現在は500mg錠を1日1回服用する方法が主流になっているのです。
有効成分量が多くなるほどクラビットが持つ殺菌力が高くなります。
また、有効成分の量が少ないものを服用し続けていくと「薬剤耐性菌」というものが出現してしまいます。そうならないよう、初回の時点で有効成分量が多いものを服用し、病原菌に大きな一撃を与えることが有効なのです。
クラビットはこのように、1回の服用でクラミジアを改善させることができるため、クラミジア治療の代表的な薬となっています。